講師紹介 | 奥野 智洋

奥野 智洋(オクノトモヒロ)

ビジネスコーチングのスペシャリスト

okuno

わたしが目指していること
21世紀にふさわしい価値観を創る。

未来を創る
夢を描くと希望が持てる
希望を持つとやる気が出る
やる気が出ると行動を起こす
行動が成果に繋がると喜びになる 詳細を見る

講師紹介 | 観音寺 一嵩

観音寺 一嵩(カンオンジイッコウ)

「ビジネス交渉」研修のスペシャリスト

kanonji

■ わたしが目指していること
日本人は「交渉下手」とか「交渉嫌い」とか言われています。それは交渉の正しい知識を知らないためです。それにより間違った交渉を続けており、自身も交渉相手にも嫌な思いや悔しい思いを多々、発生させています。だから「交渉嫌い」になっているのです。 詳細を見る

講師紹介 | 高橋 布明

高橋 布明(タカハシノブアキ)

事業再生、事業承継、経営革新のスペシャリスト

高橋 布明

■ わたしが目指していること
「強みをより強く」、そして「社員のモチベーション向上」が業績改善のポイントです。
経営課題を抱えた企業の強みを引き出し、それを軸に企業の再生、革新、成長戦略を策定してまいります。経営課題は、その企業の次の成長のための種子、克服することで更なる成長が期待できます。金融機関、各種中小企業支援機関に多くの人脈を有し、様々な経営ノウハウで企業の成長・発展を支援します。事業再生を中・長期的に成功させるには、事業承継を計画的かつ適切に行う必要があるため現在、事業承継にも携わっています。
詳細を見る

講師紹介 | 小山田 哲治

小山田 哲治(オヤマダテツジ)

企業承継と経営革新のスペシャリスト

oyamada

わたしが目指していること
私は大阪生まれです。大阪は商人の町です。大阪商人は「のれん」というものを大事にします。ここでいう「のれん」とは店先の布きれやそれに描かれた屋号のみを意味するのではありません。それに象徴される、店の沿革や歴史、信用、ブランドをさしていう言葉です。「のれんを張る」とはこののれんの元で、営業実績と社会的信用を積み重ね、長年にわたって社会的責任を果たし、経済の流れの中で、存在意義を果たしてきたことをいいます。 詳細を見る

講師紹介 | 大寺 規夫

大寺 規夫(オオテラノリオ)

食品企業支援&販路開拓のスペシャリスト

ohtera
■ 中小企業支援で心掛けていること
経営コンサルタントとして独立し、12年になろうとしています。これまでの経営コンサルタントとして多くの中小企業の経営者と接する中で心掛けていることは、支援企業との信頼関係と支援する側の提案力です。中小企業の経営者は、これまで自らが経営して事業を維持拡大してきたことから自分の経営に自信を持っています。このため、事業の問題点を質問されたときに、自分や自分のやり方以外のところにその原因をもっていきがちです。外部環境の変化のせい? 従業員の能力のせい? 原料価格の高騰のせい?

それらを踏まえてどのように今後事業運営を進めていけばいいか、先ずは現状をしっかりと認識して頂く必要があります。そのためには、支援される側と支援する側が腹を割ってじっくりと話し合うことが何よりも大事だと思います。型どおりの「~すべき論」では支援企業の経営者に納得して頂けません。納得して頂くためには双方の信頼関係の構築が重要です。ではどのようにすれば支援企業との信頼関係が構築できるか、私は支援企業の問題点の見える化とその具体的解決策の提案が一つの答えだと考えています。当然企業の抱えている問題点は一つではありません。多くの問題が複雑に絡み合っています。それらをどのように分解し、どのような順番で進めていけばいいかを提案する、この提案力が支援企業との信頼関係を強めていくのではないでしょうか。そのよう期待に応える支援をいつも心掛けています。
詳細を見る

講師紹介 | 三井 善樹

三井 善樹(ミツイヨシキ)

経営革新とアライアンスのスペシャリスト

mitsui

■ わたしが目指していること
コンピュータ業界でSE、システム営業、マーケティングを経験して17年。システムだけでは中小企業の抱える課題は解決しないと感じ、経営コンサルタントになりました。それから10年が過ぎ、経営とITの知見をもってしても、革新企業が必要とするソリューションに応えられないとの結論に至り、ビジネスレップ事業を始めました。そして、再び10年の歳月が流れ、低迷を続けてきた日本経済と中国や韓国の台頭の中、今革新企業は国際化と地域貢献で再起を図ろうとしています。もはや中小企業も大企業も、中央も地方も、民も官も一丸となって臨戦態勢を組まなければなりません。かくして大連携時代を迎え、我々中小企業診断士は、企業内、独立を問わず単なる経営の知見者にとどまることなく、異なる組織の連携の担い手としても重要な役割が期待されているのではないでしょうか?そのよう期待に応える事ができる仲間がたくさんできたらいいなあと私は思っています。

詳細を見る